SSブログ
山歩き ブログトップ
前の5件 | -

7年ぶりの藤原岳 [山歩き]

山からずいぶんと遠ざかっております

7年ぶりに藤原だけへ行く事が出来ました

福寿草を見るのもご無沙汰

今年は遅れているそうです

でも9合目で会えました

P10301891.jpg今朝、咲いたばっかりの初々しい姿

このツヤツヤな花弁

かわいらしい蕾姿もたくさん見られました

雪を踏むのも久々

やっぱり山はいいなぁ

今年はもうちょっと都合つけて山へ出かけよう


nice!(0)  コメント(0) 

御嶽山 濁河コース 2013.7.20(土) [山歩き]

本日のコースタイム

濁河温泉P6:50-8合目8:30-五の池小屋9:40(~10:10)-四の池

-継子岳11:50(~12:00)-五の池小屋12:30(~12:50)-濁河温泉15:00

DSCN5954.jpg

 

三の池

雪渓とコバルトブルーの池

 

夏山気分を味わう 

 

 

 

 DSCN5921.jpg五の池小屋には立派なテラス

おまけに新館も建っていました

中に入ると木の香り

カフェまであって蒔ストーブで焼くピッツァまで食べられるそうな

シフォンケーキまで・・・

御嶽山って修験者の山でお洒落なイメージとは程遠いけど・・・見直した

 

小屋近くと継子岳近くはコマクサが咲き始めで綺麗でした

2000年に家族で胡桃島でキャンプをし翌朝五の池小屋まで登った

あの時は子供達も高校生と中学生

よくファミリーキャンプに付き合ってくれたもんだな   懐かしい

翌年チャオスキー場からのゴンドラで継子岳を目指した

強風で頂上を目の前にして下った経験があった

 

DSCN6006.jpg

ようやくここの景色を見る事が出来ました

四の池は不思議な場所で・・・ついつい足を止めてゆっくりと

ここから流れる水は滝となっていますが残念ながら幻の滝・・・こちら側からは見る事も出来ず

幻の滝です    

音だけ楽しんで来ました

 

 

 

 

利尻山で大打撲・・・1週間経っても痛みが治まらず念のため整形外科へ

おかげさまで骨にも異常はなく、ついでの骨粗しょう症の検査も問題なし

痛み止めとシップで1週間程でようやく痛みから解放されました。

 

最近は休みが合わず相方ともすれ違い生活・・・久々に20日はお互い休み、おまけに天気続き

これは行くしかない、これを逃すと・・・今年は夏山もない!

取りあえず日帰りで行くべ~と出掛けた御嶽山でした

 

 

当分山は行けそうにない・・・秋山まで我慢するか

 

 


nice!(0)  コメント(0) 

巻機山~2012.10.10(水) [山歩き]

3連休を取ってあったが台風で予定変更を余儀なくされ・・・秋山は諦めていたが、10日はお互い休みで天気も上々とあってはラストワンチャンス、延期していた巻機山へ

夜勤明けで早々に布団に入り夕方に出発

豊田飯山ICからは下道を走り登山口の桜坂駐車場に2時に到着

明るくなるのを待って出発の予定だったが・・・4時過ぎに我々の車の隣に大型ワゴン車が2台やってきて・・・騒がしいの何のって

若者が騒々しいのは一昔前の事でして、やたらとテンションの高い団塊世代は周りの事は全く目に入らず、ヘッデンは帽子の上にしてハイビームで他人の車を照らし、皆で輪になり大きな掛け声で準備体操を始める始末。若輩モノがご注意申し上げる訳にもいかず参りました。

仮眠どころでなくなり・・・何とかヘッデンの必要ない明るさになった時点で出発と相成りました

 

 

DSCN4416.jpg

登山口を5:30に出発

井戸尾根コースと沢コースとに最初から分れていました

今日は沢から登ってグルリ一周

 

30分程で巻道との分岐があり巻道へ

少し歩いて思い直し下を行く事にします

 

大小様々な滝を幾つも通り越し

 

 

DSCN4420.jpg

1時間程登り・・・

振り返ると形の良い山並み

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN4440.jpg

 

沢を独り占めって気分

他に登山者はいません

 

 

 

 

 

DSCN4445.jpg

天狗岩が見えて来ました

右手に進みます

 

 

 

 

 

 

DSCN4448.jpg

 

 

7:00 ヌクビ沢出合です

左へ行くと天狗尾根を登り割引岳へ

右へ進みます

 

 

 

DSCN4457.jpg

布干岩

なるほどなネーミング

 

 

 

 

 

 

DSCN4458.jpg

 

 DSCN4460.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN4461.jpg

ダイモンジソウが綺麗でした

この写真ではわかりませんね・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN4466.jpg

滝の右側の崖をよじ登りました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN4471.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN4478.jpg

上部になって沢が段々と狭くなってきています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN4480.jpg

ここでシバシ立ち往生

過ぎてから振り返ると「なんだ」と思えますが・・・

 DSCN4483.jpg

 

 

 

 

 

 

 

掴まるモノも無い斜面で先が見えず・・・足元もせり出している部分で着地先までの距離も測れず

2~3mでも降り方によっては重大事故になりますんで

沢を行く時にはロープが必要かと

DSCN4488.jpg

 

やれやれ

今日の天気は上々

天狗岩が下になりました

 

 

 

 

 

DSCN4492.jpg

 DSCN4494.jpg稜線が近づきました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最期は中々の急斜面

登り切れば伸びやかな稜線

DSCN4508.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN4509.jpg

割引岳へ登ります

割引と書いてワレメキ・・・

 

 

 

 

 

 

 

DSCN4523.jpg

 

三角点のある割引岳

破目山(われめきやま)と呼ばれていた天狗岩と重なって見え、「われめき」を「わりびき」と聞き違え「割引岳」となったのだとか

 

登って来る時は風も無かったのですが稜線の強風といったら半端じゃない

 

 

 

DSCN4544.jpg

井戸尾根と稜線の交わる所に山頂の表示

 

地図を見ると10分程進んだ場所に1967mとあります

 

 

 

 

 

DSCN4543.jpg

どう見てもこちらの方が高いので山頂ですが

何の表示もなし

ケルンが積んであるのみです

先の牛が岳は展望がイイと地図にあり、足を伸ばそうかとも思いましたがここと大差は無さそう、風も強いので降りる事としました

 

 

 

DSCN4548.jpg

避難小屋です

外で休憩していたら親切な方が「ここは誰でも入っていいんですよ」と声を掛けて下さった

いやいや・・・どうも室内は臭いがこもっていて苦手なんですわ

 

 

 

DSCN4556.jpg

 

向いの稜線の紅葉が面白い

 

 

 

 

 

 

DSCN4565.jpg

いい感じで紅葉しています

米子頭山への稜線です

残念ながら地図に登山道は記されていません

 

 

 

 

いやはや・・・ビックリな遭遇

近くに住んでいても会えないのに遥々やってきた新潟?群馬?でお会いするとは

岐阜の言葉が聞こえてきたなと思っていた隊長が驚きの声を・・・相手からも「あ~~」

何の事か分からず・・・キョロキョロ見渡すと「和たん」さんでしたDSCN4559.jpg

 

同行の福ちゃんにも初対面

相変わらず元気そうで

明日は荒船へ行かれるとか

タフですね

また何処ぞ、ご一緒出来れば嬉しいですわ

 

 

DSCN4570.jpg

綺麗な森の中

 

 

 

 

 

 

 

DSCN4580.jpg14:10 登山口へ戻る

 

 

 

 

 

 

苗場山へ登った時は秋山郷を通ったのが真夜中

記憶に無かった事から寄り道します

秋山郷の温泉で汗を流しました

残念ながら紅葉にはまだ早く・・・秋山郷が何故に郷愁を誘うのか自分には分からず仕舞いでした

 

 


nice!(0)  コメント(0) 

蝶が岳~大滝山縦走2012.08.26~28 [山歩き]

26日朝、帰宅して急いで準備

ヘッデンがこの間から行方不明である・・・以前使用していたモノを持っていく事にする

途中またしてもぐっすり寝てしまい気付いた時には白鳥を過ぎていた

結局運転は相方にお任せしっぱなしで面目ない

ひるがのSAは混雑と表示がある・・・今日は夏休み最終の日曜日だった

レストランで昼食 ちょっとガッカリな事に地元の米を使っていないのかご飯が美味くない

 

 

あかんだな駐車場で15:50のバスに乗る

バスが戻って来れず少し遅れての出発

上高地も観光客で賑わっていそうだ

 

この時間に上高地入りする人は少なく閑散としている

 

さて今日は何処までにするか・・・逡巡する

なんなら小梨平にテントを張りベースキャンプにして霞沢往復でも

いやいややっぱり縦走でしょ

迷います

DSCN4085.jpg
16:40上高地BT到着
沢渡行きのバス待ちの列が長い
ザックをよっこいしょっと
うん・・・久々でこたえるな
ざっくを担いだ時点では気合も入ったので徳沢を目指す事に決定
DSCN4086.jpg
下手くそな写真で・・・
雷雨の心配もなさそう
DSCN4088.jpg
17:40明神到着
明神までは観光客も結構脚を伸ばしておられます
ここまでは順調
DSCN4090.jpg
18:40 徳沢キャンプ場
着いた頃には薄暗くなっておりました
何やらでかいテントが一杯あります
??????
テント受付にいくと「涸フェス」だそうで
って?何?
聞いた事あるようなない様な
山用品のメーカーさんなどのブースでした
山と渓谷社が主催だったようです
途中で買ったお握り等でお腹を膨らませて早々に寝ました
DSCN4093.jpg
草の上で心地よく眠れました
イベントで朝ヨガなんてのもあったらしいですが・・・
この時点では徳本峠までの予定だったので先を急ぎました
今から思えばフェスをちょっと楽しんでからでも良かったかもね
水場が変わっていてビックリ
前は川の流水を汲んだと記憶しておりますが(記憶違いか?)
井戸水でした
感謝です
DSCN4094.jpg
徳沢園の前で楽しそうに弁当を食べていたお姉さんに「いってらっしゃい」と声を掛けられた
すごく気持ちのいい、笑顔の素敵な方でした
5:20出発です
最初の登りの急な事
睡眠不足の身体には堪えます
尾根への取りつきですもん、そりゃ急ですわね
DSCN4097.jpg
柄にもなく気持は悪いし顔色蒼白
途中リタイアも頭をよぎる
結局膝の故障を抱えた相方に2リットルのペットボトルを持ってもらう羽目に
入山までの運転と言い・・・本当に済まん事でした
しばらくは調子が戻らず足は中々前に出ず
でもお腹は空くって
なんちゅうやっちゃぁ
尾根に上がりきると傾斜も緩やかとなり段々体調も回復
9:20  やれやれ何とか長塀山に着きました
DSCN4107.jpg
9:50 妖精の池
とても妖精が棲むとは思えない
DSCN4113.jpg
やったぁ
蝶の稜線が見えて来ました
DSCN4121.jpg
おお~
この景色、展望
素晴らしい
 ブラボー
これで満足か
DSCN4123.jpg
あと少し
DSCN4127.jpg
10:20 蝶が岳ヒュッテ到着です
DSCN4135.jpg
大休止のはずが
DSCN4137.jpg
今日のお宿にしました
DSCN4176.jpg
この先、徳本峠までは6時間程
体調も戻ってはいましたが
この展望
ゆっくり楽しんでマッタリしようではありませんか
昼寝しようと思ったらテントの中は30度超
ガスが出た一時
ぐっすり休みました
常念岳のピラミダルな山容 
DSCN4186.jpg
山の上で贅沢な時を過ごす
こんな山旅もありだね
いいカメラとイイ腕があったらね
翌朝
モルゲンロートに期待も高まる
DSCN4215.jpg
八ヶ岳の稜線もくっきり
南アルプスから浅間山
どの方角も展望バッチリ
残念ながらサホド赤くは染まらず
朝焼けを楽しむに留まりました
さて今日は大滝山~徳本峠を経由して上高地へおります
5:20 蝶が岳キャンプ地を出発
DSCN4231.jpg
御嶽山
DSCN4236.jpg
乗鞍岳
DSCN4237.jpg
霞沢岳
ますます登りたくなってしまった
いつかリベンジ
DSCN4238.jpg
長塀尾根
なんて緩やかなんだ
あれが辛かったなんて・・・
睡眠不足で山は危険だな
DSCN4239.jpg
蝶が岳の山肌は青々して瑞々しい
DSCN4242.jpg
7:05 大滝山荘
昨日はここまで行っておこうかなんて話してたけど
止めておいて良かった
展望もなく湿っぽい
おまけに山荘近くに熊ちゃん出没するそうです
DSCN4251.jpg
9:30槍見台
地図には登れないと記入あり
でも・・・ハシゴが付いてちゃ登るしかない
慎重に・・・足を抜かない様に
DSCN4256.jpg
上からの展望
前穂が綺麗です
昨日とはちょっと違う景色
DSCN4257.jpg
11:40 徳本峠小屋
新しい棟が建っていて驚きました
ずいぶん前の事ですが、雲の平であった方が小屋のご主人と懇意で
秋には小屋閉めを手伝いに行くと話しておられました
小屋をやって行くのも大変で(年齢的に)閉めようかなんて話も聞いた覚えがあります
なので新しい棟が建っていたのには驚きでした経営者も変わったんでしょうかね
女性4人組の方が古い棟を見て
「今日はここに泊まるの・・・」と不安気な様子でした
霞沢岳に登るには峠での一泊は必須ですかね
上高地で泊まれば軽いザックで日帰りも可能かな
バスの時間だけがネックか

 

DSCN4263.jpg
その昔 幡隆上人もここから槍を目指したそうだ
深田久弥も日本百名山の中で徳本峠について
「峠に立った時、不意にまなかいに現れる穂高の気高い岩峰群は
日本の山岳景観の最高のものとされていた。
その不意打ちに驚かない人はいなかった」と述べておられる
島々からから登ってこその徳本峠と云う気もする
以前から計画はしてるんだけど実現してない峠越え
課題も多い山歩き
小屋だけでは足りないのか大きなテントが2張りありました

 

DSCN4266.jpg
テント場は狭いのですが整備されてきちんと整地されていました
大きなテントで行くと厭な顔されそうです
ここからは上高地まで一気に下ります
DSCN4268.jpg
上高地へ15:00頃到着
暑い~~~
DSCN4270.jpg
大滝山の縦走路は追い抜いて行った方一人に徳本峠からの往復の方一人と
本当に静かな山歩きでした
樹林帯の中を黙々と歩きリフレッシュ
案外そういうの好きです
展望が時折見れると感動もひと際
展望見ながらも当然いいのですが
これもまた一興
予定が通りには行かなかったけど
イイ山旅だった
デジいちが欲しくなった
ってシャッター速度がどうの・・・絞りがどうのって
さっぱり頭に入らず
Pモード頼みになるだけ
でも欲しいかも
その前に久々にディマージュ使ってみようかな

nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | - 山歩き ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます